• ブライダルフォトのご案内
  • ファミリーフォトのご案内
  • 私のこだわり
  • フォトギャラリー
  • 撮影プラン・料金
  • お申込から撮影までの流れ
  • お客様の声

ブログ~ブライダルフォトグラファーの気ままなPhoto Diary

HOME>ブログ

ハタチの森フォト

フォトグラファーの久恵です。

 

本日、成人の日。
地方では昨日・一昨日に成人式だったところも多かったようですね。

こちらは、昨秋に撮影のご縁をいただいた前撮り記念から。
以前にも一枚、オフショットをアップしたお嬢さんの
メインフォトをご紹介します(*^_^*)

コースはいつもの、八王子でのスタジオ&ロケーションフォトコース。

成人記念の前撮りはおひとりでの撮影が多いのですが
今回は「せっかくやるなら、友達も撮影日を同じにしてみんな一緒の写真も残したいんです」
ということで、
紅葉が優しく色づく秋晴れの日、
小さい頃からのなかよし3人組が勢揃いしました。
個人撮影時も、みんな一緒の場所にいるよっていう空気感を大切にしたかったので
カメラマンも3名同時体制で。

はじめての時間組みで
撮影そのものは想定外の時間押しとなりましたが
みんな最後まで、ハタチのはじける笑顔いっぱい。
私自身にとっても、すごく身のある、勉強になった撮影でした。

成人、おめでとう。
これから思い描くたくさんの希望と、社会での責任と、
そしてそれぞれの明るい未来に
私の大好きなビールで乾杯(^_^)v
アルバムが完成したら、ぜひ飲みましょう!

 

 

ママの振袖を引き継ぎました。
古典柄、落ち着いた色合い、
ほんとうにステキです。

 

 

ふだんから着物をたしなむ機会のあるお嬢さんなので、
あえて雰囲気のあるポージングにもたくさん挑戦してもら いました

 

 

 

 

 

 

 

スタジオ撮影後は、秋の日ざしと紅葉の待つ外ロケへ。
11月初旬は、まだ緑もたくさん残っています。

 

 

お嫁さん用の大きめの和傘ですが、
緑のロケーションには美しく映えます

 

 

 

 

 

もう少ししたら、この葉っぱも真っ赤に染まる。
その年によって紅葉の進み方も違うので、その日そのとき の雰囲気に合わせて、いい季節感を出したいですね

 

 

公園のなかにはちょっとだけ竹林も。

 

 

やはり着物と竹は合います(*^_^*)

 

 

クラシカルな舞傘で、ちょっと日本舞踊ふう。
ポージングがすんなり決まるので「踊りやってたの?」っ て聞いたら
「いえ全然!(笑)」
若いって、すばらしい。

 

 

 


ひととおり個人撮影が済んで、
最後に全員そろっての撮影。

 

 

 

撮ってるほうは美しい紅葉と振袖娘たちの美しすぎるアン グルにクラクラしてますが、
そんなことお構いなしで楽しくおしゃべりタイムの3人。

 

 

振袖ふって、おさんぽ。

 

 

 

どっちがかわいい?
どっちもかわいい!

 

 

やっぱり今も3人でひっついてるのが楽しい、
幼さも残る20歳たち。
これからもっともっと、ステキな女性になあれ!

*八王子の結婚式フォトグラファー・久恵(きゅうえ)有里子のブログ*

アメリカに旅立つまえに

2017/01/05 結婚式の撮影 

2017年、明けましておめでとうございます。
フォトグラファーの久恵です。

ブライダルフォトもファミリーフォトも、今年もたくさんいいご縁をいただいて
笑顔の記録のお手伝いができるといいなあって思ってます。

さて、今年最初のお仕事は
昨年ラストに撮影した、ウエディングフォトのデータ整理。
新郎新婦の友人知人が撮影写真をネット上で閲覧できるオプション依頼があるので
通常納期よりも急ぎ作業で仕上げます。

この日の結婚式は、
メイク撮影から始まって
ホテル内ロケーション撮影、挙式、会食と
一日の最初から終わりまでめいっぱいはりつきコースで。
元気いっぱいな花嫁さんが「七五三みたいでかわいいでしょ」と選んだお気に入りの髪飾りが、
くったくなく笑ったりおしゃべりしたりするたびにサラサラって揺れて
シンプルな会食スタイルのパーティーをとても華やかに飾ってくれたのがとても印象的でした。

式が終わって2週間、彼女は日本で最後のお正月を過ごし
いよいよ彼の待つアメリカに旅立ちます。
とっても待ち遠しいのに、なんだか寂しい。
花嫁さん自身も、家族も、友人も
この日、ここに立ち会った全員にとって
この写真たちが、最高の思い出となりますように。

 

 

末広、懐剣、はこせこ。
日本の「花嫁3点セット」(*^_^*)

 

 

 

まだガウン&ちょんまげ姿だけど、バックヤードもウエデ ィングの空気感があふれます

 

 

和装の花嫁衣装は、おめでたい意味のある柄がたくさん。

 

 

出発前に、全身鏡でチェック。
「このシャラシャラってのが、七五三みたいで気に入っち ゃいました」

 

 

式をあげるホテルの日本庭園で、ロケフォトタイム。
12月も終わる頃なのに、紅葉がまだ鮮やかにふたりを飾 ってくれてました

 

 

こんなチューなら、豪華な和装衣装でもかわいくて好き

 

 

もともと色の鮮やかな紅葉は、このぐらい落ち着いてきた 頃がいちばん新郎新婦が映えます

 

 

大好きな、お嫁さん斜めうしろ角度。

 

 

 

挙式にむけて、わたぼうしかぶりました

 

 

色打掛が鮮やかだから、ネイルもこのぐらい色を乗せても アリだと思います

 

 

手作りのリングピロー。
和婚らしくちりめん素材と組み紐で

 

 

 

三三九度のときは、いいシャッタータイミングで撮れます ようにといつもドキドキします

 

 

しっとり指輪交換

 

 

新郎新婦のあいさつで会食スタート。
ひとつのテーブルを20人みんなで囲むスタイルだから、 最初からリラックス。

 

 

 

 

 

 

列席ひとりひとりから、心のこもったメッセージタイム。
そのたび通訳がんばる花嫁さん。

 

 

背中よりかかっちゃうと帯つぶれるよ〜〜とか思うけど、
こんなに楽しそうだからありのままでいいと思っちゃう( *^_^*)

 

 

オリジナルのイニシャルウッド
新郎から新婦へ、愛の矢(*^_^*)

 

 

パーティーが終わってから、日が落ちた庭園でラストカッ ト。
遠距離が長かったけど、ようやくふたり一緒だね!

 

*八王子の結婚式フォトグラファー・久恵(きゅうえ)有里子のブログ*










ファミリーフォトおさめの撮影から

フォトグラファーの久恵です。

 

撮影ざんまいの10月・11月と、
データ整理と納品ざんまいの12月を過ごし、
気がついたら今年も終わろうとしていますm(_ _)m

こちらは、今月のファミリーフォトおさめの撮影から。

11月に撮影した、産まれて3週間のベビーフォトを
パパママはじめ、ご家族総出でとても気に入っていただき、
引き続き初宮参りにも同行させていただくことになりました。

約1ヶ月ぶりに会うボクは、ふにゃふにゃだった新生児から
表情も肌感もしっかりしてきて、
立派な「赤ちゃん」へ。

お宮参りのあと、おうち写真館オプションでの記念写真大会では
パパママとのスリーショットはもちろん、
ボクだけのピン写真・じいじやばあばとのかわるがわる写真も
ずっといい子でいてくれて、
りりしい目力も前回撮影よりいっそうきりりと。
まだ産まれて2ヶ月にもかかわらず、
そろそろ首がすわりそうな勢いの、体幹しっかりなイケメン君でした。

産まれてからの1年間は、3ヶ月・6ヶ月・1歳と
記念に残したい成長の節目がてんこもり。
また来年も、どこかのタイミングで会えるかな(*^_^*)

 

 

*八王子の結婚式フォトグラファー・久恵(きゅうえ)有里子のブログ*

きゅうちゃんに会いたいから

フォトグラファーの久恵です。

 

Merry Christmas!

フォトグラファーの久恵です。
今年、私が出会うことができたたくさんのチビッコたちにも
ステキなクリスマスの朝がやってきたのかな〜と想像するだけで、
私までワクワクしています(^o^)

年内の納品業務で、撮影写真のアップまで気持ちが追いつかない日々を過ごしていますが
せっかくクリスマスの日なので一枚。

友人夫婦に子供ができてから、
毎年必ず家族の記念を撮って、今年でもう14年目になるファミリー。

「写真はイヤだけど、
きゅうちゃんには会いたいから今年も仕方なくお願いする」
って、なんだそれ(笑)
難しい年代にどっぷり浸かってる女子だけど
そんなこと言われたら「ぜったいいいの撮ってやる!」ってのが親心です。

そんなわけで、ここ数年は撮影にとにかく時間をかけない。
いいスポット見つけたら、いつもの親子の会話だけしてもらって
あとは私が、絵になるように撮るだけです。

このぐらいの歳になってくると、娘と二人だけの会話も普通にできるようになって
今回、ちょうどパパもママもいないときに、娘のアヤネが私に告白してくれたこと。

「あのね久ちゃん、
私、サンタさんの正体を去年のクリスマスで初めて知って、、、、
すっごいショックだったんだぁ。。。」

まじで〜〜!そっか、今まで知らなかったのね。
幼少期から「クリスマスプレゼントは親に買ってもらうもの」という現実的な家庭に育った私は、思わず大爆笑。ゴメン。

みんな、いつか分かること。
大きくなるまで知らなかったってことは、
毎年、必死こいて隠してきたパパママの愛情のしるしでもあるんだよ。

年にいちどのファミリー撮影、
来年もできるかな。
そして、いつまでできるかな。

 

*八王子の結婚式フォトグラファー・久恵(きゅうえ)有里子のブログ*

はじめての、お外での靴

フォトグラファーの久恵です。

 

1さい記念の撮影は、「生物体」から「人間」への進化記 念の記録でもあるから
パパママはもちろん私だって、
撮影するって決めたほんの数時間のなかで
できるだけその子の今の、最大限できることを記録してあ げたい。

だけど、やっぱりイヤなものはイヤなんだよね。

ほんの数日前に誕生日を迎えたモトナリ君。
この日はじめて、お外で靴をはきました。

おうちの中では歩くのも遊ぶのも大好き、超がつくほどの 元気くんだったのに

もう、なんだよこの初めての感じ!
オレの足じゃない!!!歩きづれぇし!!!!
と、本人が思っていたかどうかは分かりませんが(^_^ ;)

履いて歩けば違和感、
脱いで歩けば芝生のちくちくが違和感、

おやつとおっぱいで気をまぎらわせながら、笑顔もいっぱ い撮れましたが
やっぱりこの日のファミリーを象徴する一枚は、コレかな 

*****

その日の夜、ママからメールが届きました。

「撮影前は3人揃って笑顔あふれる写真がいいなぁと
漠然と思っていたのですが、
蓋を開けてみたら
家の中じゃよく動きすぎるし、外では靴も裸足も座るのも
嫌だしでなかなか笑顔すら難しいみたいな。。。
でも終わってみて、それもこれも含めて我が家の「今」だ と思います。
そして、そういう何気ないことってきっとどんどん忘れていってしまうから
思った通りばかりじゃなくても「大切な瞬間」として残していけることが、
家族みんなの宝物になるんだと思います
これからは靴を履いて、どんどん外に連れ出そうと思います!」

その家族が、なんじゅう年たったときにも
大切と思える成長記録を撮らせてもらえることのありがたさ。
じんわり、心があたたかくなりました。

 


*八王子の結婚式フォトグラファー・久恵(きゅうえ)有里子のブログ*

*1さい記念の撮影*

フォトグラファーの久恵です。

 

ママが小さい頃から慣れ親しんだ、海も緑もある広い公園 をロケ地に選びました。

家では少し歩けるようになったけど靴を履いたら立てない んじゃないかしら、
というママの心配をよそに
ボク、大地の上に足をつけてしっかり立っちできたよ!

人気がなくなった夕暮れの海辺で、この上ない1歳の主張 
二足歩行への進化をとげました。
これからは、どんどんいっぱい歩けるようになるね(*^ _^*)

 

 

*八王子の結婚式フォトグラファー・久恵(きゅうえ)有里子のブログ*

森のマタニティフォト

フォトグラファーの久恵です。

9月に撮影した、森のマタニティフォトから。

私のほうにご依頼いただくマタニティフォトは、多くの場合
白背景のスタジオ写真と
近隣の公園での外ロケを1時間ずつで組み合わせることが多いのですが

今回のふたりは・・・
「ガチなマタニティ写真」を意識しない、ナチュラルなファミリーフォトの延長でいきたい。とのご希望で
結婚式の前撮りもした同じ「森」で、2時間めいっぱい撮りました。

八王子の森は、いつも撮影で使っているメインの木々はすでに落葉が進んでいて
今年のシーズンの終盤にさしかかっていましたが
そんななかでも、秋のしっとりした緑はステキです。

撮影からもうそろそろ2ヶ月。
マタニティフォトを撮ったお客さまの出産予定日が近づくと
どんなに忙しい時期でも、ふと頭のかたすみに撮影のときのことが思い出されて
なんだかソワソワします。

 

秋の「森」。
いつもメインで使っている背景とは少し違うポイントで、 緑に囲まれた雰囲気を。

 

 

どっちに似てるのかなぁ?
どっちでもいいよね(*^_^*)

 

 

お客さまからのご要望カット。
自分の脳内だけでは考えもしないようなシャレオツなアイ デアに出会えて、こんな瞬間も新鮮です。

 

ふたりには、ただ自然におしゃべりしててもらうだけ。
あとは私が、絵になるように残します(^_^)v

 

 

パパとママとおそろいのファーストシューズ。
これ履いて一緒に歩ける日が一日も待ち遠しい。

 

 

優しい夕日に照らされて。
この日の生花ブーケにもこだわりました。

 

 

これからのお散歩は、必ず間にひとり入るんだよね

 

 

今は、新しいメンバーがやってくるのが楽しみでしょうが ない。

 

 

これぞ男子!ってアピール力たっぷりの、ぽっこりオナカ 
パパママの幸せいっぱい浴びて、
早く来い来い(*^_^*)

 

 

最後に、スマホ撮影のオフショット。
この日お手伝いに来てくれたカメラマン仲間も
偶然、こちらのファミリーと同じコンバース。

私はそのへんのスニーカー、
仲間はずれ感ハンパなくて大爆笑なラストカットなのでし たorz

 

*八王子の結婚式フォトグラファー・久恵(きゅうえ)有里子のブログ*



ハタチの記念、振袖フォト。

2016/11/07 

フォトグラファーの久恵です。

本日11/7の撮影から。

ハタチの記念、振袖フォト。
きゅうえフォトワークスのオリジナルコース、
八王子でのスタジオ&屋外ロケのよくばりプラン(笑)で す。

今回のご依頼は・・・
「せっかく前撮りやるなら、昔からのお友達とも同時に撮 影して
みんなとの一緒の写真も、思い出にたくさん残しておきた いよね!」
ということで、カメラマンもお嬢様も複数名体制。
静かな公園を賑やかにひとりじめしちゃいました。

そのなかのワンショット。

秋の木漏れ日のなか、ふたりだけになった時間。
高校時代の懐かしい昔話に花が咲きました。
どんなに美しいポージングフォトよりも、
彼女たちにとってこういうのがいちばん大切な一枚になる んだろうなぁ。

 


*八王子の結婚式フォトグラファー・久恵(きゅうえ)有里子のブログ*

小さな小さなプリンスの記念フォト

フォトグラファーの久恵です。

11月3日。
全国的に「晴れの特異日」として大人気の日、
ブライダルのカメラマンになってから20年間
この日に撮影がない年はいちども無かったように思います。

そして今年たぶん初めて、ファミリーフォトでこの日を迎えました。
当然のように(笑)晴天に恵まれた本日、
撮影のご縁をいただいたのは
この世に産まれて3週間にもならない、小さな小さなプリンスの記念フォト。

「世間的によく言うニューボーンフォトのような、
作り込みを前提にした赤ちゃんの扱いを心得てないため
あくまでナチュラルなその子のままをお撮りしますね」

という事前提案をママから快くお受けいただいて、
ならばと今回、私自身はじめての試みとなる布背景でのライティング撮影をさせていただきました。

初宮参りのついでに、ごく簡単なライティングを組んで赤ちゃんひとり写真はよく撮りますが
2時間以上どっぷりベビーフォトに浸かったのは初めてで、
試行錯誤の連続でしたが

やっぱり、赤ちゃんパワーってすごい。
「癒やされる」以外のなにものでもない、あたたかな時間でした。

たくさんの幸せをもらって、すくすくと大きくなあれ。

 

 

 

 

 

 

 

*八王子の結婚式フォトグラファー・久恵(きゅうえ)有里子のブログ*

江戸時代のお姫さま

フォトグラファーの久恵です。

今年に入って、ファミリーフォトの撮影数のほうが圧倒的に多くなり
FBページでもここんとこずっとチビッコフォトの紹介でしたが
こちらは、ウエディングの前撮りから。
来月結婚式を挙げるおふたりの、和装前撮りをさせていただきました。

クラシカル和装には、地毛の生え際を使った半かつらスタイルが似合います。
年代をかさねた衣装の重厚感もあり、
半かつらの軽やかさもあり。

季節は秋とはいえ、まだまだ緑が鮮やかな和の庭園をぜいたくに使って
江戸時代のお姫さまって、きっとこんなだったんだろうな〜って。
想像?妄想?しながらの写真の時間でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

*八王子の結婚式フォトグラファー・久恵(きゅうえ)有里子のブログ*

<< 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  >> 1/40ページ

プロフィール

女性ブライダルフォトグラファー久恵有里子のページです。ブログ~気ままなPhoto Diaryをお届けします。東京都八王子市在住。結婚式当日のひとつひとつの出来事、そのときの気持ちを、女性カメラマンが心を込めて撮影します。

カレンダー

<<2017年09月>>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930