• ブライダルフォトのご案内
  • ファミリーフォトのご案内
  • 私のこだわり
  • フォトギャラリー
  • 撮影プラン・料金
  • お申込から撮影までの流れ
  • お客様の声

ブログ~ブライダルフォトグラファーの気ままなPhoto Diary

HOME>ブログ

全盲の花嫁さん~ブライダルカメラマンのつぶやき

2006.12.3

障害を持った新郎新婦というのは初めてではないけれど、
さすがに両目がまったく見えない花嫁さんの撮影というのは初めての経験で・・・

事前打ち合わせをするにしても、なんせ写真というビジュアルな分野での話し合いなワケだから
新郎新婦とのコミュニケーションをとるのにも限度がある。
だったら、今回は間に入ってるプロデュース会社に事前連絡のすべてをお任せしようということになり
私は当日の撮影をぶっつけ本番で引き受けさせていただきました。


新婦は、生まれつき右目だけが失明していたのですが
左ひとつで目を酷使したせいか
高校時代に左目も完全に見えなくなってしまったそうです。


多感な時期に、今までかろうじて目の前にあったすべてのものが暗闇に包まれる・・・


五体満足であることになんの疑問も持たず生きてきた私からは
きっと、彼女自ら想像を絶する悲しい運命を乗り越えてきたんだろうなということぐらいまでしか
思いつきません。

これ以上は、語れませんよね。




そんな運命を必死に生き抜いて、
彼女は今日、最高の幸せをかたちにすることができました。

しかも、お腹に小さな命を宿して。



横浜・みなとみらいの観覧車がキレイに見えるホテルのレストランで、
まったく飾り気のない会議室のような個室を借り切っての人前式と披露宴。

「障害を持った人は強くて前向きで明るい」とよく言いますが、
この日の結婚式がまさにそうでした。


私が
「どう声をかけて、どうやって写真を撮ればいいのだろう」
なんて気にしていたのが恥ずかしくなるほど、
新婦も同じ障害を持つお友達もまったく普段通りで、健常者と変わらない勢いで、
「ほんとうに視界が見えてないのかな?」と疑問に思うくらい
大いに笑って、たくさんお酒も飲んでました。

「写真撮ってくださ~い!」なんて、普通に声かけられるしね(笑)




物理的には、お互いにお互いのことは見えてないけれど
触れ合えばすべてが分かる。
今日の花嫁である親友が、どんな風に着飾って、どんなメイクをして、
どんなに彼女が輝いているか。

こんなひとつひとつの何気ないシーンを撮るときですら、
私はあふれ出てくる涙を一生懸命自分の中に引っ込ませながら
残念ながら出席してもらえなかった新郎のご両親に見てもらって2人のことを絶対に祝福してもらうんだ、
そして数ヶ月後に生まれ来る赤ちゃんにこの写真見せてあげるんだ、
という思いでいっぱいになりながらシャッターを切り続けました。


お部屋から一望できるみなとみらいの夜景はそりゃーステキだったけど、
そんなの単なる「新郎新婦を飾る脇役」にしかなってなかったぐらい
今日の2人は幸せいっぱいに輝いてましたね。



2人の手元に渡った300枚の写真、
平面の写真を手に取ってみても画像は分からないけど
きっと彼女なら、「心の目」で私の写真を感じてくれるはず・・・だといいな(笑)

「 無題 」  KYUE PHOTO WORKS |

*atsuyamaさん

は、、、、早い!(笑)


ね、カワイイでしょ
クリームとチョコで一つずつ作っていくから、
一人一人表情が違うところもまたチャーミング。


あのときは時間的に無理と分かっていながら
顔出しに来てくれて本当に嬉しかったです。
ちなみに食べてた時間はものの10分かと(爆)
こんどはゆっくり飲みましょう。

「 無題 」  セージ |

ちょっと目にゴミが入りました(うるっ
障害者の方は精神的に強いですよね♪
自分は五体満足でいられる幸せを病気の時以外にその方たちに教えられます。
障害があっても同じ人間、健常者と同じ接し方をしてるつもりですがどうなんだろう?
親切心からの障害者の方に対しての差別!?(失礼)はしたくないと気をつけてますが・・・
そう思ってる時点でどこかで違う目で見てるのかな?・・・

「 無題 」  KYUE PHOTO WORKS |

*セージさん
目に入ったゴミは早く取らないとww


希望を持って普通に生きていた自分にある日突然なにかしらの肉体的障害がふりかかり、挫折と復活の感動のドキュメント・・・なんてのをたまにテレビで見たりもしますが、
ただ単に感動するだけでなくてたくさんの色々なことを考えさせられます。


実際に接するとき、「親切」と「差別」との境目にいやしないかと、実は私も気になります。そう思っているうちは、やっぱり別の目で見てるのかな(悲)


でも、難しいこと抜きにして久しぶりに心から感動できる式に立ち会えました。
2人にありがとうと言いたいです。

「 無題 」  全盲の花嫁本人です |

ご無沙汰しております。
その節は、お世話になりました(^^)。

あれから、急遽、テレビ東京の2007年3月11日放送の「日曜ビッグバラエティ~我が家の出産物語~」の取材を受ける事になり、その際に、頂いた写真数枚を使わせて頂きました。見事、テレビに映りました。

ブライダル会社の○エさんはじめ、カメラマンの久恵さんには、とても素敵なパーティを演出して頂き、感謝しております。
お腹の中の子供は、いま6ヶ月の娘にとなって、元気に育っております(^^)。

以上、近況報告、方々お知らせまで。
これからも頑張ってください!

タイトル:

 お名前:

本  文:

お手数ですが、下記入力項目に「確認」と入力して下さい。


投  稿:

トラックバックURL

プロフィール

女性ブライダルフォトグラファー久恵有里子のページです。ブログ~気ままなPhoto Diaryをお届けします。東京都八王子市在住。結婚式当日のひとつひとつの出来事、そのときの気持ちを、女性カメラマンが心を込めて撮影します。

カレンダー

<<2007年01月>>
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031