• ブライダルフォトのご案内
  • ファミリーフォトのご案内
  • 私のこだわり
  • フォトギャラリー
  • 撮影プラン・料金
  • お申込から撮影までの流れ
  • お客様の声

ブログ~ブライダルフォトグラファーの気ままなPhoto Diary

HOME>ブログ

 結婚式の撮影【アイデア・小物・余興】  >

ふたりのリング

フォトグラファーの久恵です。

秋も本番、いよいよウエディングフォトとファミリーフォトの撮影件数が逆転する時期に入りました。

これからしばらく、年内いっぱいは
グイグイくるチビッコパワーに負けないよう、体力も気力も満タンにして臨みます(^_^)v

さて、こちらは先日のウエディング撮影から。
メイクシーン撮影があるときは、
まずは当日の花嫁小物の撮影から始まります。

壁にかかったドレスやアクセサリー、ブーケ・・・
やることない新郎の落ち着かない様子も(笑)
そのなかでもいちばん時間をかけて撮りたいのが、ふたりのリング。

この日のマリッジリングは、指輪がセンターでクロスしているデザイン。
ふたつ合わせると、しっかりぴったりくっつきました。
新郎が、お嫁さんをしっかり支えているようにも見えました(*^_^*)

 

 

 

*八王子の結婚式フォトグラファー・久恵(きゅうえ)有里子のブログ*

永遠の「〇」

フォトグラファーの久恵です。

 

 

両家のご家族と親友だけの、新郎新婦含めて総勢12名での会食ウエディング撮影。

通常の「披露宴」とは違ってイベント性は少なくても
アットホームな暖かさ満点の空気感のなかで写真を残すことができます。

この日は会食の途中、新郎新婦にちょっとだけ指輪をお借りして
しばし宴席を離れ、じっくりブツ撮りタイム。

ロビーのガラステーブルで、あれやこれやと試行錯誤しているうちに
絶妙な角度で自立しました(^_^)v

ふたつの指輪と、ガラスに映る何重のシルエットリングと、
ロビー照明の反射と・・・

ふたりの愛がとぎれることのない、永遠の「〇」が
ファインダーごしにたくさん映って、息をぐっと止めて撮影している私も少し緊張がとけて、幸せな気分になりました(*^_^*)

 

 

 

 

 

*八王子の結婚式フォトグラファー・久恵(きゅうえ)有里子のブログ*

「何だかいつもと違う」空気感

フォトグラファーの久恵です。

 

 

10月・11月は、ウエディングのトップシーズンに加え
七五三や年賀状向けの記念フォトなど、ファミリーフォト のご依頼もいちばん立て込む時期で
おかげさまで大変忙しくさせていただき、
こちらの更新がずいぶん滞っておりましたm(_ _)m

ようやく、少しずつ撮影も落ち着いてくるので
また秋の撮影写真をぼちぼち上げていきたいと思います。

さて、結婚式のメイクシーンは
まずは当日の小物撮りから始まります。

花嫁がこの日身につける、特別なアクセサリーや
和装だったら、深い意味のある3つの花嫁小物。

ふたりの記念の指輪だって、メイクシーンの待ち時間があ るからこそ
きちんとかたちを作って、カタログのように写真に残して あげられる。

この日も、落ち着いた庭園が眺められる和室でお支度を始 めた花嫁さんの脇で、
エンゲージリングを撮りました。

「ファインダーの中、なんだか不思議としっとりした空気 感があるなあ・・・
背景が趣のある庭園だからかしら」
何気なくそんなことを感じながら写真を撮って、

そのうち花嫁のお支度撮影が始まったらもう流れは怒濤の ように。

いつもと変わらない、慌ただしくも賑やかな撮影の時間。

その披露宴で、天国にいる新婦のお母さんにむけたビデオ メッセージが流れました。

「お母さんの形見の指輪にあったダイヤを使って、私の結 婚記念の指輪を作らせてもらったよ。
今日はいちだんと輝 いてくれてますか?」

ドキッとしました。
私がさっき感じた「何だかいつもと違う」空気感は、
きっと、彼女のお母さんからの指輪に込めてくれたパワー だったんだなぁ。

これから先、ふたりの幸せな様子を、彼女と同じくしゃく しゃの笑顔で見守ってくれているであろうお母さんの顔が 思い浮かぶような結婚式に立ち会えました。

ー 場所: 有栖川 清水

 

 

 

 

 


*八王子の結婚式フォトグラファー・久恵(きゅうえ)有里子のブログ*

ベールダウン

フォトグラファーの久恵です。
チャペル挙式のオープニングで、
花嫁とその父がバージンロードを歩く直前に母が娘のベー ルを下ろす感動的なシーン。

一瞬で終わってしまうシーンだからこそ、
その空気感がいい感じにファインダーの中に入ってきたと きは
撮影しながら私もドキドキしています。

この日の挙式は、ホテルの広いロビーの中央に祭壇をつく って執り行うロビーウエディング。

ベールダウンをしているその奥には、エントランスのドア 越しの光や奥で見ている招待客、そして偶然通りがかって 足を止めている宿泊客など
いろんな雑多な風景が入り交じっているのですが、
それも含めて、このふたりが選んだ挙式スタイルの良さが 出せた一枚かな〜と、満足(^_^)v

ー 場所: ハイアットリージェンシー東京 (Hyatt Regency Tokyo)

 

 


歯医者さん

フォトグラファーの久恵です。

 

お色直しの入場では、新郎がビールサーバーをしょって各テーブルにご挨拶。
テーブルに置かれたピッチャーにビールをついでまわるはずが・・・

歯医者さんの新郎に対して
お友達のひとりが「治療してくれよ!」と始まった口つぎは
空のピッチャーそっちのけ、行くテーブル行くテーブル男女とわず、ご親族までもが参加する大変な盛り上がりイベントに。
これぞ、全員参加型?(笑)

ちなみに新婦の役目は、大人にはメッセージ入りおつまみ、子供には「こどもビール」をひとりひとりにプレゼント。
新郎がいろんな人から呼ばれて「治療」しているあいだに、たくさんのお友達とお話できたんじゃないかな(^_^;)

 

 

ビールサーバーをしょって入場!みんな大喜び

 

 

男子テーブルではだいたいいる、お決まりの口つぎ。ここ まではよかった。。。

 

 

新郎新婦の飾らない笑顔を見ると私も嬉しくなります(^ o^)

 

 

あれ・・・・・女子?(汗)

 

 

あっちからこっちから次々とお呼びがかかり、こうなったら新郎も乗るしかない状況。

 

 

だいたい、こぼれる。

 

 

ついに親戚のおじちゃんからもリクエストが(^_^;)

 

 

診察台・・・・<(_ _)>

 

 

忙しい披露宴のなかで、お友達とすごく近くでおしゃべる できる貴重な時間です

 

 

この日の結婚式はチビッコがいっぱい来てくれたので、
新婦から「こどもビール」プレゼント。
まだ意味分かってないよね(笑)

 

 

そそうをしないための、最低限のマナー?

 

 

やっぱり、こうなる。

 

 

彼女はなかば無理やりつがれた系
きっとこの先、いい思い出になることでしょう♪

 

 

口つぎリクエストが多すぎて、本来ここに入れるはずのピ ッチャーには少しずつでカンベン。

 

 

新婦がみんなに配ったメッセージおかき
食べるのもったいないね。

こんなに大騒ぎになったビールサーブラウンドは初めてで した(笑)


あえて日本らしく

フォトグラファーの久恵です。

先日、プライベートページのほうで
パーティー集合写真を撮る私の満面スマイルをアップしましたが(^_^;)

そのパーティーでもみんなの注目の的だった、ふたりの結婚指輪。
6月に行われた、親族のみの鎌倉結婚式で撮影したときの 一枚です。

木材とともに日々を送る宮大工の新郎がこだわった、
ピンクゴールドやイエローゴールドなど何種類もの地金をミックスしてできたのは、

すごく上品な「木目調」の指輪

裏に彫ってあるふたりの名前も、あえて優しい漢字体で日本らしく。

私自身も、結婚指輪は少しだけこだわりを持って選んだひとりとして
なかなか見ないオンリーワンの指輪に、撮影しながらドキドキしたのを今でもよく覚えています。

先週末の披露パーティーでは、
ふたりがはめているこの指輪にいろんなお友達が寄ってたかっているシーンがたくさん撮れました(^_^)v

 


なりきり「ケンとバービー」

フォトグラファーの久恵です。

 

先週の結婚式から。

トイ・ストーリーが好きなふたり。
何を隠そう、私もトイ・ストーリーの世界観をこよなく愛する一人だから
ウェルカムアイテムの撮影にも気合いが入る(*^_^*)

そんな二人の披露宴中盤、皆さんにむけてこの日いちばんのサプライズで
会場内は大いに盛り上がりました。

 

 

お友達に作ってもらったウェルカムボード。かなり凝ってます

 

 

ここに二人の名前が入るなんて、いいな〜(ごく個人的な感想)

 

 

ケンとバービーがお出迎え

 

 

みんな写真撮ってた(笑)

 

 

お色直しの歓談中に上映したプロフィールムービーに続き ・・・

 

 

新郎新婦扮する、「生」ケンとバービー登場!
アラベスクもばっちり決まりました(^_^)v

 

 

そのまま全卓フォトサービス。

 

 

手持ちの「L.O.V.E」ボードも手作り

 

 

ウェルカムボードいいな〜(まだ言う。笑)
お幸せに!

 


*八王子の結婚式フォトグラファー・久恵(きゅうえ)有里子のブログ*

テーブルフォト撮影のアイデア

新郎新婦にとってはもちろん、列席のかた全員にしても記 念になる「テーブルフォト撮影」。
ただ「撮りますよ〜」って声かけるだけよりも、
各テーブルごとに決まったポーズを強制して撮るとみんな が自然に笑顔になるから、記念写真が残るだけでなくこれ だけでひとつのイベント。
通常よりちょっと時間がかかることだけクリアできれば、 私からは必ずオススメしています。

さて、新婦が「よさこい」をやっている関係で
こちらのよさこい仲間テーブルに前もって与えられたポーズ指示は

「よいやさ〜!」

私の「よいやさ〜〜!」の声かけで、全員が手を突き出して迫力満点。
いつもやっているメンバーだけあって、突き出す手にためらいがないのがさすが(笑)

笑顔がどんなにくしゃくしゃになったって、
それを絶対ステキに撮ってみせるから安心して楽しく過ごしてね、
と打ち合わせのときに約束したとおり
この日の彼女はほんとうにくったくなく、花嫁オーラの輝きをふりまきながら過ごしてくれました。

 

 

*八王子の結婚式フォトグラファー・久恵(きゅうえ)有里子のブログ*

鍛造仲間!

フォトグラファーの久恵です。

 

先週末の撮影で、ちょっと嬉しかったこと。

メイク撮影をご依頼いただいたときは、
しょっぱな、アクセサリーとか小物類を撮ることが多いのですが
このとき預かった結婚指輪のケースに

「TANZO」のロゴが。

鍛造リングかしら?
と思ってメイク中のご新婦に聞いたところ、
「よく分からないけど、そうらしいですぅ〜〜」

なんでも、指輪のことをよく知っているお友達から
「ここと、クリスチャンバウアーならオススメする」
って言われて、それだけで決めたそうで。

普通、指輪の製法ってほとんどが「鋳造(ちゅうぞう)」といって
地金を型に流し込んで仕上げるのですが、
鍛造(たんぞう)というのは
金属のかたまりを変形させながら、最終的な削りでそのかたちを作り上げること。
なので、完成したときの金属の強度がまるで違うらしいのです。

それを新婦に説明すると、
「陶芸みたいなもんですかね?」
陶芸・・・あ〜〜〜、そうそう!(笑)

実は、私の結婚指輪が
お友達のもうひとつのオススメ、クリスチャンバウアー。
同じく鍛造リングにこだわるドイツのブランドでして、
他とは全く違う、指に吸い付くようなはめ心地に
30万の予算オーバーにも納得して即決してしまったという
自分の結婚でひときわ自信のあるお買い物でした。

鍛造仲間として勝手に嬉しくなった日のお仕事。
この指輪が、永遠にふたりをつなぐ力を与えてくれることでしょう。



*八王子の結婚式フォトグラファー・久恵(きゅうえ)有里子のブログ*


ハート型のイチゴ

フォトグラファーの久恵です。

 

レストランでのウエディングケーキは、
たまに目に入るパティシエの隠れ創作意欲(笑)を発見するのも楽しいものです。

この日は、大きな四角いケーキにベリー系フルーツがたっぷり乗ったシンプルなスクエア型。
いつもいちばん近くで撮影している私は、
フルーツと生クリームの甘い香りにめった打ちです(^_^;)

そんな私の目に入ってきたのは、
たくさんのフルーツのなかからひとつだけハート型にカットされたイチゴ。
新郎新婦のケーキカットがすぐ始まろうとしているなかでも
これは撮らずにはいられないとばかり、
宝探しに当たった子供のようにわくわくする瞬間です(*^_^*)


 

*八王子の結婚式フォトグラファー・久恵(きゅうえ)有里子のブログ*


<< 1  2  3  4  5  6  7  >> 1/7ページ

プロフィール

女性ブライダルフォトグラファー久恵有里子のページです。ブログ~気ままなPhoto Diaryをお届けします。東京都八王子市在住。結婚式当日のひとつひとつの出来事、そのときの気持ちを、女性カメラマンが心を込めて撮影します。

カレンダー

<<2017年05月>>
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031