• ブライダルフォトのご案内
  • ファミリーフォトのご案内
  • 私のこだわり
  • フォトギャラリー
  • 撮影プラン・料金
  • お申込から撮影までの流れ
  • お客様の声

ブログ~ブライダルフォトグラファーの気ままなPhoto Diary

HOME>ブログ

 2010年の記事  

母の想いに見送られて

2010.2.20 結婚式の撮影

川越にある氷川神社の結婚式に行ってきました。


100220-1.jpg

100220-2.jpg


他の式場ではなかなか見られない独自の「儀式」がいくつかあるなかで、
花嫁さんの最後の仕上げに、お母さんの手を借りる紅さしの儀式。
この日の新婦は、実のお母様を早くに亡くされ、
自他共に母親代わりを認める伯母さまから。


100220-3.jpg

そのとき、彼女の目元からはらはらとこぼれ落ちた涙は

100220-4.jpg

天国で見守ってくれる、私を産んでくれたお母さん。

男手ひとつで育ててくれた、迷惑かけたお父さん。

ことあるごとにお母さんの代わりになっていっぱい助けてくれた、伯母さん。


彼女の今までのいろーんな想いがいっぱい詰まった、
どんな名女優にだって絶体真似なんてできない、とっても美しい美しい涙でした。


私の結婚式のときは・・・
こんなしっとりとした感慨深い瞬間、ひとつもなかったなぁ(滝汗)

「嫁ぎの紅」




神社に併設されている披露宴用の会館というと、
「トレンドを意識しない昔ながらの結婚式場」というイメージが強かったのですが
ここ氷川会館は、リニューアルが綺麗にされていて
披露宴会場・パブリックスペースとも写真の撮りやすい、こぢんまりとしながらもいいロケーションでした。


100220-6.jpg

100220-7.jpg


不思議とご縁というものは続くもので、
こんど5月にも別の花嫁さんの結婚式を撮影することになりました。
まだ撮りきれなかった場所もあるから、今度もまた撮影が楽しみだなぁ(*^_^*)




実は先立つこと2週間ほど前に、
「初めて撮影に来るカメラマンさんはいちど下見に来てください」
というこちらの決まりに従って、式場にうかがうことになったのですが

その折、ご新婦からメールで

「だったらぜひ、小江戸も見ていってくださいね」



小江戸って、なんだそれ???


と少しだけネットで調べつつ、下見当日は早めに川越に到着しました。


100220-8.jpg

蔵造りの街並。


100220-9.jpg

江戸時代からのシンボルタワー・時の鐘


私にとっては「川越」なんて東京近郊の一都市として名前を知っているだけで、
江戸時代からの面影を大切に残す街並としてこんな素敵な観光地になっているなんて・・・恥ずかしながらまったく知りませんでした。

駄菓子も買ったし、芋のお菓子も買ったけど
時間が合わず鐘の音が聞けなかったのが心残り。
こんどは気候のいいときに、もちろん仕事のついでじゃないときに、
一日コースでぶらり散歩しに行こうかな。

バレンタイン・チョコパーティー

2010.2.13 お菓子イベントの撮影

さかのぼること、2008年の秋。
フランスで知り合ったパン職人RolandとパティシエAkikoの、
日本で始まる新生活のスタートとなる結婚式。


100213-1.jpg

胸元ぎりぎりのセクシードレス。かっこいい(*^_^*)
日本人でも、こういうのを堂々と着る人が増えてくれると嬉しいなぁ
(あくまで、かっこよく生きる女性目線として。。。)


100213-2.jpg

100213-3.JPG



その二人が主催となり、都内で定期的に開いている「お菓子の会」ですが
たまに誘っていただいてるものの、
どうしても土日の開催が多くてなかなかスケジュールの都合がうまくつかず、でした。
そしてこの日、この時期にぴったりの、チョコをメインにしたパーティーがありまして


「思うようなギャラは出せないけど、撮影をお願いしたい」


と依頼をうけたからには、行かないワケにはいかないでしょう。
「当日のスイーツは食べ放題」という誘い文句と、がんばる二人を応援する気持ちも重なって喜んで引きうけました。




昼間に結婚式の撮影を終えてから「はらぺこ状態」で向かった、目黒のレンタルスペース「ゴブリン」

100213-4.JPG

この日のスタッフはみんな、結婚式のときも裏でお手伝いしてくれていた二人のお友達たち。
当時、私も打ち上げに参加させてもらったので
会えば「うわぁ~お久しぶりです!」と笑顔が出てきます(*^_^*)

ほんとうは、時間さえあればちゃんとしたお料理写真のようにライティングを組んでキレイに残したかったけど
場所の時間の問題があって、今回はディスプレイされてる状態を手持ちのカメラのみで撮っていくかんじになりました。


100213-6.JPG

100213-7.JPG

100213-8.JPG


20種類ほど並んだケーキやお菓子は、どれもこれもおいしそ~~~で・・・
甘いもの好きな女子にはたまらん絵ヅラです(^o^)




100213-9.JPG

100213-10.JPG

100213-11.JPG

100213-12.JPG

100213-13.JPG

100213-14.JPG

今回のパーティーは40人ほど。
おうちのリビング風の小さな会場は最初から最後までごった返し、
ゲーム大会あり、セクシーman&woman大賞の投票発表あり、
甘い香りとおしゃべりの笑い声に包まれて
あっという間の2時間でした。

100213-15.JPG

こんどはお客さんで参加しますね(^_^)v
あっでも、撮影依頼いただけるなら「食べ放題」のギャラで(笑)いつでもすっ飛んでいきます。




パティシエ・Akikoのパティスリー・アミカルモン

一緒にお菓子を作って楽しむセミナーや
今回のようなお菓子やお酒をつまみながらのパーティーイベントなどなど、
楽しい会をたくさん企画されてます(^_^)v

ギリギリ007(セブン)ゲーム

2010.1.30 結婚式の撮影

式本番の数日前、最終の進行をメールでもらったときに

新婦「二次会での最初のゲームは、「しゃべくり007」という番組を真似たものを想定しています。
ゲストが新郎新婦に質問してみたいことを考え、・・・以下略」



しゃべくり007?
し、、、、知らない(汗)

月曜の10時というと、ウチのテレビは完全にフジが流れてる時間帯ですm(_ _)m

オリジナルの雰囲気を知っておいたほうが当日楽しいだろうなと思い、、某動画サイトにて検索・・・


新旧モー娘。対決。

マツコデラックス。


その回ごとのゲストトーク録画を見始めたらキリがなくなり、気づくとはや2時間。
結局、ゲームの概要は分からずじまいで当日に臨むことになったのでした(笑)




さて当日は、二次会というよりは
親族のみなさんとの食事会を終えた後の、友人メインの披露宴・第2部でして
ビュッフェスタイルの食事と半立食、ゲームや歓談を中心とした進行という、パーティーとしてはカジュアルな雰囲気ですが
普通の二次会と違って3時間というゆったりとした時間枠をとってあるので
新郎新婦がたくさんのお友達と話ができ、ゲームも盛りだくさんで
大変賑やかに過ぎていきました。



さて、宴もたけなわに始まったゲーム「ギリギリ007」。


100130-1.jpg

グループごと、たんざくに書いてもらった新郎新婦への質問を


100130-2.jpg

この場で答えられる質問であれば「ギリギリOK」へ、
そうでなければ「ギリギリNG」へ仕分け。


100130-3.jpg

公衆の面前で答えるには微妙な質問も飛び出し、新郎新婦もどこまで仕分けていいやら(笑)


100130-4.jpg

仕分けが終わってから「OK」ラインに入った質問に答えながら、


100130-7.jpg

ときには上司からのツッコミが入り、


100130-6.jpg

ときには新郎のしどろもどろな返答に会場大爆笑。


100130-5.jpg

みんなが新郎新婦のひとこと一言に気が抜けない、
大成功のゲームでした。




実は新郎新婦、年があけてから2人揃って体調を崩し、
1週間前までまともに動けず寝込む日も多かったとのこと。
式の1ヶ月前に動けないなんて、「ここがラストスパート」の花嫁としてはガクブル状態ですよ。
指輪を受け取りに行ったのも式の前日だったりで、
なにもかもがまさしく「ギリギリ」で動いていた、この結婚式。
だからこそ、今日この日が無事に終わってくれたことにそれだけで感謝、ですね。




100130-11.jpg

長い一日が終わりました。
夜になってやや車通りの少なくなった広尾の駅前が、
2人をステキに飾るヨーロッパの街並みに見えました。


~会場~
挙式&親族食事会 ANAインターコンチネンタルホテル

二部パーティー WALNUTS

愛の処方箋

2010.1.23 結婚式の撮影

銀座の喧噪から少し離れた、オフィスビルの一角にあるカフェ・セレにて。
友人だけを招待してのパーティーです。



100123-1.jpg

レストランの控室、新郎新婦の支度中。
ヘアスタイルの仕上がる頃から私が新婦の真横にガッツリ陣取って撮影していると
店長さんが差し入れのコーヒー持って入ってくるやいなや

「うわっっオレの特等席取られた!!」と(笑)

た、確かに新婦をいちばん近くで見ていられる場所ではあるよね。
ふと、大きな鏡ごしに「そんなみんなの立ち位置」を思わず撮ってみたくなる。


レストランの店長さん、新郎新婦が式の打合せで何度か来店しているうちにすっかり「お友達」になってしまったようです。

最近は、レストランでもプロデュース会社が入ってきっちりかっちりした対応を受けることも多い中、
のっけからこんなに人なつっこいラフな店長さんがいてくれると
私も和みますね(*^_^*)




2人の写真を撮るにあたって、
最初は、日比谷公園に行っちゃおうかとか、それこそ勝どき橋あたりまで行けば水辺でいい感じに撮れるかも、
なんて話はしてたけど
いろいろ準備もままならず、レストランの周辺でゆっくり撮ることになりました。


100123-2.jpg

銀座のメインストリート、晴海通り沿いのオフィスビルが建ちならぶエリアでも
気分はいちおう「初夏の軽井沢」???


100123-4.jpg

冬晴れの、雲ひとつない青空になったから
ビルのすきまを見つけてこんな写真も撮ってあげたい。


100123-3.jpg

移動してレストランの中でも撮ったけど、
これだけキレイに晴れたらやっぱり外でたくさん写真を残したいですね(^_^)v




さて、パーティーの余興でよく見られる「新婦の取扱説明書」。
新婦の性格や趣味などをひとつの製品の説明にたとえて、

・たまには、オイルならぬいい食事を与えないと壊れます
・返品不可能

など、新郎にしっかり釘を刺す笑いを誘うイベントですが


100123-5.jpg

この日は、お色気たっぷりナースに扮した女子が
新郎を無理やり診察(?)し、

1)仕事が終わったらまっすぐ帰ること
2)休日はできるだけ一緒に過ごすこと
3)奥様の言うことをよく聞くこと
4)隠し事はしないこと
5)合コンは奥様同伴で。でも基本的にダメです
6)浮気は絶対にダメです
7)奥様の誕生日及び記念日は必ず祝うこと
8)同期との飲みは必ず出席すること


以上、結婚生活の8つの心得ならぬ「処方箋」をこちらも無理やり(?)約束させ、
めでたし、めでたしという余興なのでした。

100123-6.jpg


高校の同級生だった2人だから、
共通のお友達もいっぱい。
今日列席したたくさんの友人からこの処方箋を監視・・・イヤ見守られながら(笑)
いつまでもラブラブでいられることでしょう。

「世界にひとつだけの花」を歌おう

2010.1.17 結婚式の撮影

毎年、1月と8月は気候の事情が大きいと思うんですが
1年のなかでいちばん結婚式が少ない時期です。
私も、ひとときののんびりモード期間ということで、
空いた土日でkunと出かけたり、忙しくなるとほったらかしになるブログをこのときだけはちゃんと更新したり(笑)
受けた撮影の出来事が記憶に残りやすいのもこの時期ですね。



さて、年明け早々に式の最終確認の打ち合わせを新郎新婦としたときに
「つい最近決まったことですが、
披露宴の大トリで、全員で「世界にひとつだけの花」を歌うことになりました」


たまたまクリスマスに見ていたテレビ番組で、
この歌を結婚式で歌うと離婚しないというジンクスがあるとのこと。

へぇ~~確かに結婚式でよく歌われるけど、
そんな話は初めて聞きました。
でも、ステキなジンクスですよね。




そして式当日。
パーティーの最後、
最初は新郎新婦と友人数名が会場前方で歌うかたちで始まった歌の披露ですが

そのうち、列席者のほとんどがスタンディングで

「♪♪オ~ンリ~、ワ~~ン♪」

最後には、おなじみsmapの手振りとともに大合唱となったのでした。
ここに列席している全員が、「二人が一生幸せにつれそえる」ことをしっかり保証するかのような光景でした(*^_^*)

100117-1.jpg




「世界にひとつだけの花」を結婚式で聞くといつも思い出すエピソードをひとつ。

2002年の結婚式。
そのときもパーティーの大トリでした、
当時はまだ「槇原敬之の曲らしい」というだけで会場のほとんどがその歌の存在を知らなかった頃(もちろん私も)、
新婦のいとこ連中が集まって、ピアニカやらギターやらタンバリンやらの手持ちの楽器演奏でこの歌をうたって新郎新婦をお祝いしていました。
私は、「さすがマッキー、いい曲作るよなぁ」なんて思いながら撮影し、
妙に心に残るこの歌のことを「こんどCD探してみよ」と思ってた程度(笑)

このすぐ後に、smapのリリースで日本の誰もが知るメガヒットになるとは・・・
いやはや参りました。
すばらしい楽曲というのは、「そうなる運命」に導かれるものなんですね。


このときの新郎新婦も、今は二人の子供を持つパパママ。
ジンクス、ちゃんと生きてますよ(*^_^*)

ロウバイの撮影

2010.1.14

おつき合いのあるデザイン会社からの依頼で、
府中にある郷土の森博物館の、来年度のポスター作成素材として
今が見頃のロウバイの撮影をしてきました。



「ろうばい」って何ですか??

梅の見頃って3月じゃないんですか????

って、なんともモノ知らずなところから始まった今回のお仕事m(_ _)m



梅という字を書くけれど、いわゆる赤やピンクの梅の種類とは違うらしく
冬に黄色い小さな花をつける木です。




郷土の森の広い園内には四季を通じてたくさんの草木や花が見られるのですが
そのなかに「ロウバイの小径」なるスペースがありまして

100114-1.jpg

開園前の朝8時。
この冬いちばんの寒さとのことで、
晴れたはいいが・・・・カメラ持つ感覚がないんですが(汗)

クロッカスに似たような、甘い爽やかな香りでいっぱいです。

ロウバイは、ひとつの木に密集して花が咲くのでもなければ
葉っぱもなく木の色に同化してしまうので、
どんなに満開でも桜や梅のように派手さはありません。
そしてこの「小径」、思ったより一本一本の間にスペースがあるのも手伝って
全体のイメージを一枚で表すのは難しかった・・・。

100114-2.jpg

角度を変えて、小径イメージふう。
なるべく「咲き乱れる」雰囲気が・・出てるといいな。


開園時間になるとすぐ、
趣味のカメラおじさんたちで小さなロウバイエリアはかなり賑わいはじめました。
お花の写真の好きな人は、年がら年中、こうやって季節の写真を撮りにきているんだなぁ。
そのなかで、ぽっと来た私がかなうわけがない・・・と、言ってちゃいられない!

とばかりに、担当者が帰ったあとは1人居残ってロウバイのイメージ写真を黙々と撮り続けました。
ここには3種類のロウバイが育てられていて、一本一本、いろいろな表情を見せてくれます。



100114-3.jpg

ロウバイは地面向きに咲いていることが多く、
下から見上げるように撮ると
青い空に映えてカワイイのです♪


100114-4.jpg

すずらんみたい(*^_^*)


100114-5.jpg

バラのように花びらを広げるものも。


100114-6.jpg

ぽっこり丸い種類。梅の黄色バージョンといった感じです。
かわいいので、ソフトフィルターも使ってみた。



十数年前、一眼レフを初めて買ったときは
毎週末、近所の公園に出かけてお花の写真撮ってたっけ。
あの頃は、ファインダーの中に見えるどアップのお花が私にだけ話しかけてくれるようで、
別世界を見るような感覚がとても楽しかった。

そんなドキドキしながらカメラのシャッターを押していた頃を懐かしく思いながら、
1人黙々と撮っていると

施設の腕章をつけた私に、杖をついた1人の老人が話しかけてきてくれました。


「ここの方ですか?」

「違うんですが、ここの資料として朝から撮っているんです」

「どこからいらっしゃいました?」

「私は、八王子の片倉です」

「あぁ~片倉なら友人が住んでいるね、近くに公園もあってよく遊びに行くんだ」


あら~~その公園とはまさに私が年賀状の写真で使った、片倉城址公園(笑)
それから公園の話題でひとしきりおじいちゃんと盛り上がり、
気温はこの冬いちばんの寒さで1人孤独な撮影・・・のはずなのに
なぜかあったかい気持ちになった、真冬のぽかぽか午後でした。

100114-7.jpg

<< 1  >> 1/1ページ

プロフィール

女性ブライダルフォトグラファー久恵有里子のページです。ブログ~気ままなPhoto Diaryをお届けします。東京都八王子市在住。結婚式当日のひとつひとつの出来事、そのときの気持ちを、女性カメラマンが心を込めて撮影します。

カレンダー

<<2017年07月>>
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31