• ブライダルフォトのご案内
  • ファミリーフォトのご案内
  • 私のこだわり
  • フォトギャラリー
  • 撮影プラン・料金
  • お申込から撮影までの流れ
  • お客様の声

ブログ~ブライダルフォトグラファーの気ままなPhoto Diary

HOME>ブログ

 2015年の記事  >

お互いのシューズが

フォトグラファーの久恵です。

 

赤ちゃんが授かって、ふたりは結婚しました。

プランナーさんから「好きなものをディスプレイしてくだ さいね」と提案されたパーティー会場のショーウインドウ には
普通、おしゃれなアイテムやかわいい手作りグッズで飾ら れることが多いのですが
「ジムで出会った」ふたりらしく、
お互いのシューズが一面に。

これから、ふたりで一緒に歩いていく。
そして、ここにまもなく小さいシューズが仲間入りする。

いろんな意味がこもった、ふたりのシューズたち。
この日たくさんの仲間に祝福されて過ごしたパーティー会 場の「影の主役」でもあったのかな。

ー 場所:  アニヴェルセル 表参道

 

 

 

*八王子の結婚式フォトグラファー・久恵(きゅうえ)有里子のブログ*

「いい夫婦の日」の結婚式

フォトグラファーの久恵です。


「いい夫婦の日」の結婚式は、
秋のやわらかい日ざしのなかで
レストランのガーデンで列席者全員に見守られながらの人前式でした。

式のはじまり、花嫁の母から娘に「いってらっしゃい」の 意味をこめたベールダウンの儀式。
たまたま、新婦のお友達集団がいる近くでのベールダウン となり・・・

こんな大事なシーンで自分が至近距離にいる特権をものに すべく、
スマホ撮影に必死なお友達。
涙をこらえる新婦の表情がベール越しに見えてしまい、
完全に「もらって」しまったお友達。

この一枚、最初は花嫁とお母さんだけをクローズアップし てすっきりトリミングしようかと思ったけど
やっぱやめました。
外野の空気感もふくめて、撮ったときのこのままがいいや

全員が着席したなかで始まる、きちんとした教会ではまずありえないアングルの写真。
これも、アットホームなガーデン挙式の良さですね(*^_^*)
ー 場所: マノワール ディノ


*八王子の結婚式フォトグラファー・久恵(きゅうえ)有里子のブログ*

ハーフバースデイ記念

フォトグラファーの久恵です。

 

3年前の結婚式以来の再会。
ふたりの間にやってきたアカリちゃんの、ハーフバースデ イ記念と
家族の年賀状撮影。

おうちの近くの公園は風がとっても冷たかったけど
澄みきった空と真っ青な海、
おうちの窓から見えているレインボーブリッジ。
いつも見ている風景、今日は全部が絵になるように撮りま しょ。

年賀状にするならと、
文字入れの空間も意識して撮ってたら
ちょっと広告写真っぽい雰囲気になりました。

「豊洲に、住もう。」的な?(笑)

ふたりも私も、お気に入りの一枚です。
たぶん、、、アカリちゃんも。

 

 


*八王子の結婚式フォトグラファー・久恵(きゅうえ)有里子のブログ*

おとうとくん

フォトグラファーの久恵です。


このふたりには、1年前に天国に旅立ったお姉ちゃんがいるので
一姫二太郎「おとうとくん」として授かりました。
おねえちゃんのぶんまで親孝行するんだよ、分かった?


 

 

*八王子の結婚式フォトグラファー・久恵(きゅうえ)有里子のブログ*

森マタニティフォト

フォトグラファーの久恵です。

 

ウエディングのロケーションフォトで、いちばん最初にこの森で写真を残し
「森フォト」を広めてもらえるきっかけとなったふたり。
めでたくそろそろ赤ちゃんが産まれるので、
マタニティフォトで森に帰ってきてくれました。
紅葉が始まった秋のあたたかい緑のなかで、自由に撮影を楽しんでもらいました。

 

 

同じ場所で、ウエディングドレスで撮ったなぁ。

 

 

緑いっぱいのなかで。

 

 

私が決めるのは立ち位置と体の角度だけ。
あとは自由におしゃべりしててください。

 


 歩こう、歩こう。

くれぐれも足もと気をつけてね(^_^;)

 

 

これから3人で、同じ道を歩いていく。

 

 

ファーストシューズ。早く履かせられる日が来ますように

 

 

予定日も、おしゃれに記録。
アリさん寄ってきた(笑)

 

 

この思い、天まで届け〜

 

 

 

 

 

 

 

 

マタニティフォトでは、めいっぱいオナカ出す写真だった 
季節によっては長時間外に出られないこともあるので、
八王子までいらしていただけるかたの撮影は当方でのスタジオ撮影と組み合わせることが多いです。


 



 

 

アイテム多し。(笑)

 

産まれてくるのは男の子と決定。

 

コレ着るんだからね〜

 

オナカのラインだけを強調してみる。

 

服装はいたってカジュアルなんだけど、なんだか菩薩さま のようです(*^_^*)

 

わんぱくでもいい、たくましく育ってね。


 

*八王子の結婚式フォトグラファー・久恵(きゅうえ)有里子のブログ*

かわいい日本髪

フォトグラファーのきゅうえです。
今年の七五三撮影もようやくあと一組のご予約を残すのみ。

これからの時期は皆様の年賀状ご利用・納品にむけて、鬼のデータ処理が待ち構えてますが(笑)
同時にこちらにもどんどんアップしていければと思います。

*****

3さい七五三。

おばあちゃまの七五三のときにも髪結いでお世話になった美容院で、
かわいい日本髪をつくってもらいました。

いつもはお菓子に厳しいママだけど、
今日だけはずっと食べてても怒られなかった。
てゆうか、隣でずっとニコニコしてた。。。

う〜〜ん、なんでだろう。
今日はあたし、おひめさまだからかな?

*****

女の子にとって、かわいい色の着物や髪飾りをつけてお化粧ができるはじめての七五三は、それだけでウキウキしたり緊張したり。
せっかくつけた赤いリップが3秒でとれても、着物を着るのがイヤで大の字になっても、どれも大切な成長の記念。
お支度のようすを撮影しながら、とてもステキな時間だなーっていつも思います(*^_^*)

 

 

*八王子の結婚式フォトグラファー・久恵(きゅうえ)有里子のブログ*

身支度チェック

フォトグラファーの久恵です。

夏の結婚式から。

ホテル客室での花嫁支度が完了し、
プランナーさんがふたりを迎えにくるまでの間、
お部屋のなかでしばし写真タイム。

どんなに日ざしが強い季節でも、
やっぱり自然光がさしこむ場所ってステキです。
窓際に新婦を座らせて、
まだどこも引きずってないロングベールを丁寧に広げて、
よっしゃ撮るよ!と思ったら
お互いに身支度チェックが始まりました(*^_^*)

どっちもいつもと違う正装で、
どっちもいつもよりもずっとステキで、
お互いいちばん近くにいるからこそ細かいところが気になっちゃう。

このあと私がどんな美しいポーズを指示したところで、
ふたりが自然にたわむれる空気感には到底かないませんね。

場所:  ザ・ランドマークスクエア東京

 

 

*八王子の結婚式フォトグラファー・久恵(きゅうえ)有里子のブログ*

手紙 ー 親愛なる子どもたちへ ー

フォトグラファーの久恵です。
先日のウエディング撮影から。

親族のみ40名ほどの和装婚。
披露宴での叔父さまからのスピーチは、
ある詩の朗読でした。

聞いたことなかった。

新婦涙、新郎涙(ぎりぎりこらえた)、
列席者涙、
そんな私は泣くと写真が撮れないのでグッとこらえる。
スピーチが終わってビデオさんを見たら、
「だめだよぉ〜〜」とハンカチ持って涙(笑)

以下、長いですが
叔父さまが用意されたものを転記します。

〜〜〜〜〜

手紙 ー 親愛なる子どもたちへ ー

年老いた私が ある日今までの私と違っていたとしても
どうか そのままの私を理解してほしい

私が 服の上に食べ物をこぼしても 靴ひもを結び忘れても
あなたに色んなことを教えたように 見守ってほしい

あなたと話すとき 同じ話を幾度となく繰り返しても
どうか さえぎらずに聞いてほしい

あなたにせがまれて 何度も何度も繰り返し読んだ絵本
その結末はいつも同じだったけれど 私の心は満たされていたのだから

年老いていく私の心に どうか祝福の祈りを捧げてほしい
けっして悲しいことではないのだから

楽しいひとときに 思わず下着を濡らしてしまったり
お風呂に入るのを嫌がったとしても どうか思い出してほしい

あなたを追い回し 何度も着替えさせたり
嫌がるあなたとお風呂に入った 懐かしい日のことを

足腰も衰え 立ち上がることが難しくなっても
あなたが か弱い足で立ち上がろうと 私に助けを求めたように
どうか あなたの手を握らせてほしい

年老いていく私の心に どうか励ましのまなざしを向けてほしい
けっして 悲しいことではないのだから

私の姿を見て悲しんだり 自分が無力だと思わないでほしい
あなたを抱きしめる力がないのを知るのは 辛いことだけれど

私を理解し支えてくれる心だけがあればいい
きっとそれだけで 私には勇気が湧いてくるんです

あなたの人生の始まりに 私がしっかりと付き添ったように
私の人生の結末に 少しだけ付き合ってほしい

あなたが生まれてくれたことで 私が受けた多くの喜びと
あなたに対する変わらぬ愛をもって 笑顔で答えたい

私の子どもたちへ 愛する子どもたちへ

平成27年11月2日

〜〜〜〜〜〜

最後までお読みいただきありがとうございました。
作詞家は不詳、
この詩に曲をつけて樋口了一さんというかたが歌っていらっしゃいます。

親が元気なうちにこの詩に出会えてよかった、と
このふたりの結婚式に立ち会えたことに感謝しました。

 

 

 

 

*八王子の結婚式フォトグラファー・久恵(きゅうえ)有里子のブログ*

最強の晴れ女

フォトグラファーの久恵です。

今年の秋はいつもより多くの七五三撮影の依頼があり、
そのお客さまのほとんどが過去に結婚式の撮影をした新郎 新婦との再会・
もしくはそのつながりのお友達であり、
私自身もほんとうに懐かしく、嬉しく、にぎやかでてんや わんやな(笑)撮影の時間を過ごさせてもらっています。

まだ何人かの姫&殿の撮影が控えてますが、
ひとまずヤマは超えたので
これから少しずつ、写真を紹介していきたいと思います。

この日の撮影、7さい七五三。

日本庭園のある公園でたっぷり写真を撮ってから、
おじいちゃんおばあちゃんが待つホテルに向かう予定だっ たけど
おうちを出るときにはぽつりぽつりと雨。予報では、時間 がたつにつれて降りも大きくなるとのこと。

庭園での撮影はきっとムリ・・・写真はホテルのロビーでも、まぁいいっか(T_T)
大人がみんなそう思っていたとき、
公園に近づくにつれて空が明るくなってきた。
スマホの雨雲レーダーアプリも、ここから1時間、幕張エリアだけがぽっかり雨雲消えてる!

あわててルート変更して、
池にかかった橋や紅葉したもみじの木の下でたくさん写真を撮ることができました。

ちょっと人見知りで口数の少ない姫、写真を撮られるのもすごく恥ずかしかったけど、
それでも少しずつ距離を縮めていきながら
「これ持ってみようか」「これで遊んでみようか」って私のお願い、いっぱい聞いてくれた。
雨上がりのしっとりした空気感のなかで、
大好きなママとの自然な一枚が撮れました。

ここ一番で雨がやむ「最強の晴れ女」の称号を与えられた彼女は、この先の人生、お天気に悩まされることはないかもしれないですね(*^_^*)


場所:海浜幕張公園

Happy Halloween!

Happy Halloween!


フォトグラファーのきゅうえです。
先日撮影した、ファミリーフォトから。

アンちゃんのマイブームは、もっぱら仮面ライダー。
パパお手製の完全装備で、
変身のポーズも決まったら気分はもうドライブ。
悪を倒すため、森の中から正義の味方あらわる。

毎年撮影しているファミリーで、子どもも私に「かっこい いところ見てほしい!」と思ってくれているからこその「 今年のマイブーム写真」。
ならば私も、パパママのスマホじゃふだん撮れないような シチュエーションを作って、気分を乗せて、かっこいいの 残してあげようではないかと躍起になる自分がいます(笑 



場所:  林試の森公園



 

*八王子の結婚式フォトグラファー・久恵(きゅうえ)有里子のブログ*

<< 1  2  3  >> 1/3ページ

プロフィール

女性ブライダルフォトグラファー久恵有里子のページです。ブログ~気ままなPhoto Diaryをお届けします。東京都八王子市在住。結婚式当日のひとつひとつの出来事、そのときの気持ちを、女性カメラマンが心を込めて撮影します。

カレンダー

<<2017年05月>>
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031